癒しの土木作業

年明けから記事を書く時間が取れず、更新する事が出来なかったわけですが何とか年末に依頼された製図作業が一段落付いたのでちょっとだけ記事投稿です。



自分へのご褒美!土木作業はいかがですか?

年明け早々、いわきへ向かい一日だけ送電に係わる作業を行い、結構な筋肉痛に襲われています。
一日我慢して作業すれば、翌日からは少しだけ近場の南相馬市の鹿島区での外溝的工事が待っていました。

今回の工事は昨年の夏ごろに施工を行った太陽光関連の鉄塔の新設工事に係わる外溝工事となりますが、鉄塔周囲のフェンス設置、土留めがわりのラップブロックの設置、その他の整地工事を含む内容となっています。

久々の土木工事なのでちょっとだけ幸せを感じながらの作業なのですが、通常の土木工事と異なり丁張の設置の方法や施工の方法がかなり違うので戸惑いの多い部分もありますが、そこはもう「慣れ」でカバーしています。

基礎砕石ないですよ?

 

通常、ブロックの基礎部には基礎砕石といものが必要になってくるのですが、上記画像の通り掘削したところに調整モルタルのかわりに山砂で高さを微調整しその上に直接、二次製品を乗せています。

始めはかなり違和感を覚えたものですが、ここの会社が独自に設計を行いそれもとに○○電力より承認を受けたうえで施工を行っているので、所詮下請け的な存在である私は余計なことに口出しはいたしません(笑)

人力より機械

正直、送電業にからむ体力仕事より土木分野での重機作業のほうが気楽です。

もともと工事管理か設計監理、もしくは重機屋的な仕事が専門分野ですので長年の横着癖が体にしみ着いてしまっているため、体力はありませんからね。

重機にゃ腕力はいらねえぜ~

鉄塔工事で険しい山の中に入れば重機が使えないとか普通なんで、腕力・脚力・あとは根性の3拍子だけになってしまいます・・・

幸せをもたらすブロック積み

タイトルは気にせずに(笑)

本当に何年ぶりだろうブロックなんて積んだのは・・・実際、積むより機械に乗ってるのがメインなんですが、山の中を長い距離を行ったり来たりして歩くのとくらべりゃ平坦地でしかもその場所にて作業が出来るというのはいい事です。

大体、1月10日頃からこの場所に来て作業を行っていますが、毎日疲れ知らずで頑張れます。
そりゃそうだ、スコップすら持つ必要性がないし、ただひたすら重機かクレーン操作の日々ですからね、ただおそらくは体が鈍る事は間違いないでしょうね。

待っている間暇なためカニクレーンからパチリ

さて、このブロック積みも先日22日に積みあがりまして雪が積もる前になんとか裏込めまで完了することができました。23日、24日(今日)と南相馬にしてみれば大雪といわんばかりの振りっぷりだったので今の所、現場は二連休となっています。

残す工事は、フェンス工と塔内舗装工が残っていますがフェンス工は別の業者に発注したらしいので、我々のチームは塔内舗装に係わる工事が残工事となっています。

今日から明日にかけても東北地方の降雪量が多い地域では40~80cmの積雪と言う予想がでています。はたして明日のこの現場、再開できるのかどうか心配されるところですね。

ところで塔内舗装ってどんなだ?

As舗装なら道路改良専門だったので施工までOKなんだが・・・・コンクリート舗装の事を言っているんだろうか・・ちゃんと内容について打ち合わせしなければいけませんね。

 

それではまたご次回です ぺこ <(_ _)>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です