桜舞い散る原町区

お疲れ様です。
タイトルと記事に何の関連もありませんが、とりあえず久しぶりに更新です。

今日現在、いわき、鹿島区と何とか予定の工事は終了し先週から南相馬市の原町区に来ています。

今回の工事は原町の太陽光支線の新設鉄塔の建設工事のうち、いつものように「基礎工事」が、メインとなります。
色々と複雑な事情があり今回、画像をアップする事は出来ないので文章のみの記事になります。

忙しさを理解しない人達

さて、今回のこの工事だけではなく今年度の工事に関しては、とにかく工事が重複するために元請さんの人員不足が予想されそうです。

今回の工事の編成は、僕達のチームが常時3名+元請さん3~5名程で計6~8人位の人員での作業になる感じです。通常、6~8人位で工事を進行させるのがベストですが、僕らのチームには週明けになると休む、前日飲むと休む、そういった人種が二名程、存在します(^_^;)

どういった環境の中で育ってきたのか知りませんが、一人は60歳過ぎ、もう一人は40歳代半ばの人間です。この人達が自分の我侭で休むという事がどういった事かと言えば、元請で人員確保のために人数を設定して発注しているところにいきなり予定している人員がいなければ残った人間がその人間の分も働かなければならないというのは物凄く簡単な図式ではないかと思う。

それを理解して休むのか、そもそもそいうった意識は芽生える事がないものなのか、常々その人間達に対して理解に苦しむ自分がいますね。

そうして散々休んだあげく、次に現場に出てくるときは悪びれる様子もなく至極当然のように振舞ってくれるから、これまた性質が悪い(笑)

困ったもんです・・・・はい。

負担は殆ど元請さんへ

今回も、前回も休みまくった二人ですが、今日現在はなんとか現場に出ています。

ただ、いつもそうやって休むたびに、工程的な管理をしている元請の「作業班長」さんが負担を背負い込んで苦労しているのです。僕もこの送電関連の仕事以外はほぼ管理業務しかしないので工程の管理についての大変さは良く知っています。

ましてや、下請けの人間が来ないからといって工期が延びるなんていう話は聞いた事がありませんよね、それでもその班長さんは本来、作業するという行動を取ってはイケない立場なのにも係わらず、毎度毎度みんなの筆頭に立って現場作業を進めていきます。

*送電関連の仕事上は「作業班長」は「ノーペンチ」が原則となっており、あくまでも現場を監視しながら安全に作業を進めていくために存在する役職です。

やはり体がキツイ

僕も送電工事に関してはまだ2年やそこらしか携わってないので、詳細な工事の進め方とかコツといったものはまだまだ習得はできていません。殆どが重機に乗っている事が多いので余計に手仕事的な部分を見落としている事も多いですね。

重機にばかり乗っているから体力的にも他の皆より劣る部分があるし、そうなると少しでも楽をしたいと言うのが人間の性ですから重機なら重機だけでいいと思うのも自然でしょう。

そもそもいつも記事内に書く通り送電業はキツイんです。土木工事イヤ、プラント工事に戻れるならすぐにでも戻りたいというのが本音です。

ただこの仕事に限らずどんな仕事でも言える事ですが辛いときも楽な時というのはありますよね、キツクてイヤだ~なんてやっていると次に物凄く楽だったりするので初めの辛いという気持ちがいつの間にか緩和されて忘れてしまうんでしょうかね・・

まあ、人間が単純ってことで・・(笑)

この仕事を続ける理由

僕がこの仕事から離れない理由は、身内の会社の手伝いのため逃げられないという点と、前述で書いたある「作業班長」さんがいるからでしょうね、仮にYさんとしましょう、このYさんがいつも現場で筆頭に立ち汚れ仕事、力を使う仕事を自分から進んでこなしていく、この仕事ぶりというのは僕がYさんと初めて遭った地元の送電工事で散々見てきました。

こういう仕事スタイルが僕は物凄く気に入っていて、それ以来僕は一目置いている存在です。

しかし人間関係が・・

僕は別に身内の会社の手伝いで来ていて、従業員というわけでもないのですが、僕が個人的にYさんの事は気に入っているという話を出すと何名かはそれが面白く無いらしく話がどんどん反れていきます。

その理由は以前に現場にてYさんからキツイ言葉を言われたというようなとても下らない事由なのです。第三者の僕からすればYさんの言動は物凄く共感できる部分が多く、そもそも僕が連れて歩いている身内の会社の従業員達があまりにも・・・・・

Yさんは初めはイチから仕事を教えようと親身になって指導してくれます。ただ、せっかく教えて貰っているのにも係わらず覚えない、動かない、ですからYさんも僕同様イライラしてくるのでしょうね、しまいには口も利かなくなって全てがパーになっていきます。

もうちょっと人の話を理解して、ましてや仕事の仕方も何も解らないのだから下手に出て聞くのが当たり前なんですがね、それが出来ない人達が多くて中間に挟まれている僕が正直精神的にしんどいですよ。

最近の自分

最近、僕はこの身内の会社の人間達はまったく僕とは係わりの無い人間というような意識を持って接しています。それが実際は良い事ではないのは重々承知していますよ、もちろん。

ただ、文頭にあった通り現場の工事進捗の事をな~んにも考えずに好き勝手されちゃうとね・・・

おかしいですかね?僕

まとめ

他の人間はどうあれ、僕は僕のやるべき事を最後までやるだけです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

さようなら「いわき」

工事完了

昨年の秋口から泊掛けで行っていた工事が本日、無事に完了となりました。
工事の着手から年越しを挟み、暖かな春ももうすぐってところで「いわき」とサヨナラしなければなりません。

スポンサードリンク



Continue reading

送電関係のお仕事

*今回は画像、イラスト無しで文字のみの投稿です。

今週もまたいわきに来ています。
いつものとおり酒を呑んでグダグダになっている管理人の独り言です。

正直疲れます

送電の仕事は辛いけど・・体を動かすのが結構、好きなのかな~
辛くてイヤになる様なならないような・・・

本来はプラントエンジニアとして設計・管理業務ばかりなのですが、ここ数年は身内の会社の手伝いで送電関連の仕事をしています。

これまでデスクワークのみで生計を立てていた自分にとっては体力の限界に挑戦しているようで、体力的にはかなり辛いはずなのですが、わりと面白みというか疲れるけど予定通り現場をこなせば時間に関係なく終了するというのが通常の土木工事とはまた違ったやりがい的なものがあります。

昔、土木工事ばかり携わっていて、良く言えば「青空公務員」みたいな言い方をしていまして、始業8:00終業17:00という現場の進捗に関係なく時間から時間まで働くというのが常だったため、現在(プラントエンジニアも含み)のようなスタイルが一番作業効率も上がって良いのではないかと個人的に思います。

ただ、昔は体力を使うというのはナンセンスでちょっとした作業でも重機を使用して体に負担をかけるような仕事っていうのは少なかったと思います。

現在、送電関連の仕事をしているとちょっとしたものならいいですが通常、重機でを使うような作業を全て人力で行うという今の時代には考えられない手法で作業している自分が不思議でなりませんが・・・

たとえば、掘削において「バックホウ」だけである程度掘削は出来るのに、この業界はあえて人力で1mとか3mとか掘削を行います。ありえませんよね・・・・

若い世代が不足

そのため若い世代が入社してもすぐに辞めてしまったりするのでなかなか若い力というのが存在しないのですね、送電の架線の部門はある程度若い人材がいますが、基礎の部門になると長期に継続できる人材というのがいないと思います。会社によって手法が変われば若い世代の力も期待できるのかもしれませんが・・・

自分が携わっている会社では1年と持たずに辞めて行ってしますようです。理由は個人それぞれでしょうがやはり危険、低賃金、重労働というのがネックなのでしょうね。加えて、その会社の人間関係もあるようですが・・

管理する側の立場

実際に感じた事がこれまで経験して来た土木関連の仕事に比べ、電力関連の仕事はおよそ10年くらいの遅れがあるような気がします。もうちょっと管理する側の知識の向上とさらなる現場経験の積み重ねというものをを重点的に見直す必要があるのではと思います。

土木の世界では現場を知らなければ管理なんて出来ませんし、現場の流れ的な事だってわかりませんからね。学歴重視の現在の世の中ですからしょうがないといえばしょうがないのでしょうが、昔から「現場からの叩き上げ」という存在が一番強いのはどの業種でも変わらないと思いますが・・・

精進してほしいですね

でも結局

しかしそんな管理体制のもと下請けの下請けという立場上元請の業務体制に従うしかないというストレスたまりまくりの毎日を送っているのですが、ワンパターンな仕事内容の中でちょっとした達成感を覚えている自分はどうなんだろうと・・・

ただ、これを長年続ける自信は体力的にも精神的にもありません。

なんか、あいも変わらず愚痴っぽくなってきたのでこのへんで・・